ふわもこ雑記帳 
甲子園

水上桂(明石商)進路は大学進学とプロ入りどっち?行きたい球団は?

<スポンサーリンク>





 




夏の甲子園、花咲徳栄との試合では水上桂選手の逆転ツーランホームランが飛び出し、見事初戦を突破しましたね!

キャッチャーとしてピッチャーの2年生コンビを支えつつ、自らも打撃でチームの勝ちに貢献する。

いやぁ、もうイケメンすぎる!!

笑顔でベースを走る姿を見て、さらにファンが増えたのではないでしょうか??

今回は、現在大活躍中の水上桂選手の今後の進路について調べてみました。

水上桂(明石商)の活躍がスゴい!!!

水上選手の詳しいプロフィールについては、『水上桂(明石商キャッチャー)が可愛くてイケメン!彼女や進路は?』でまとめています。

まずは今回の甲子園でのホームランをご紹介♪

2019年甲子園 花咲徳栄との試合。

ホームランを打つ前、打席に立っている水上選手が笑顔なんですよね(^^)

しかもその後は軽々ホームラン!

細身な体でスゴい打撃力です♪

 

今回のホームラン以外にも、2018年の秋季大会でもホームランを放ってるんです。

ここぞという所でしっかり打ってくれる。

頼れる2番だなぁ(*^_^*)

水上桂(明石商)はドラフト候補?評価は?

まずはヤフーのスポーツナビで調べましたが、捕手のドラフト候補にはまだ水上選手の名前は挙がっていませんでした

 

甲子園では捕手以外でも打者として活躍していますし、スローイングタイム1.80秒〜1.90秒という強みもあるので、今後の試合の活躍次第では名前が挙がりそうです(^^)

 

現在、水上選手と同じ高校生捕手でドラフト候補に名前が挙がっているのは、

・渡部 雅也 (日大山形高)

・ 藤田 健斗 (中京学院大中京高 )

・山瀬 慎之助 (星稜高 )

・有馬 諒 (近江高)

・東妻 純平(智弁和歌山高 )

となっています。

 

水上桂選手の評価は?

まだプロスカウトの評価は見つかりませんでした。

ただ、チームの狭間監督からの評価は高く、水上選手を2番打者に置いている理由をこのように話しています。

今や大リーグでも
2番打者が最強と呼ばれるように・・・

うちではいぶし銀ではないですけど、
打てて、バントも出来て何でも出来る
嫌らしい打者として水上をおいています。

水上選手は172㎝72㎏と小柄ですが、パワーのある打撃を繰り出すんですよね!

花咲徳栄でのホームランも納得♪

水上桂(明石商)進路は大学進学とプロ入りどっち?

さて、気になる水上選手の進路ですが、現時点では大学進学かプロ入り希望なのかは分かっていません。

プロ入りするためのプロ志望届けの提出も10月が期限なので、まだまだ進路について考える時間はありますもんね。

就職の可能性は?

明石商業高校への進学について、「公立校で親の負担が少ないことも決め手になった」と話している水上選手。

もしかしたら学費などの負担を考えて、卒業後は一般企業に就職!?と思って色々調べてみました。

 

31年の明石商の卒業生、男子の進路は、133人中85人が進学しています。

就職は40人とそこまで多くありませんでした。

野球部OBの進路も9割が進学しているようなので、水上選手が卒業後すぐに一般企業に就職・・・という可能性はかなり低いと思われます。

やはり今後の進路としては、プロか進学の2択になりそうですね。

水上桂(明石商)行きたい球団はある?

野球雑誌や甲子園のインタビューなどで、行きたい球団言っているかな~と思って調べたのですが、明言はしていないようですね。

去年、一躍有名になった金足農業の吉田輝星選手が行きたい球団をインタビューで答えて、『ドラフトは選手からの指名制ではないので希望球団を公言しないように』と高野連から注意を受けましたね。

ということで、今後も水上選手が行きたい球団を明言することはないでしょう。

 

ただ、好きな球団は『巨人』憧れている選手は巨人の『小林誠司選手』という事は分かっています。

小林選手はキャッチャーとして活躍しています。

やはり同じポジションで活躍している選手に憧れますよね(^^)

水上桂(明石商)進路は大学進学とプロ入りどっち?行きたい球団は?まとめ

いかがでしたか?

・水上桂選手の進路については、大学進学かプロ入りかは未定

・行きたい球団は不明

・好きな球団は巨人、憧れの選手は巨人の小林誠司選手

という内容でした。

プロ志望届けの期限は10月頃になるので、水上選手の進路について分かるのは秋頃になりそうです。

まずは、最後の甲子園をケガなく勝ち抜いてほしいです(^^)

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

<スポンサーリンク>





 




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。