2018/08/05

林晃汰(智弁和歌山)ってどんな人?チーム内の評判は?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

2018年夏の甲子園本番に向けた地方大会が盛り上がっていますね!

智弁和歌山高校も順調に勝ち進んでいるようです。

今回はそんな智弁和歌山の活躍を支えている1人、林晃汰(はやし こうた)選手に注目したいと思います。

今年最後の甲子園を迎える林選手はいったいどんな選手なのでしょうか?

チーム内の林選手の評判も調べてみました!

<スポンサーリンク>

 

こんにちは、MOCOです。

『ふわもこ雑記帳』にお越しいただきありがとうございます。

ぜひ、最後までご覧ください♪

全国屈指のスラッガー『林晃汰』(智弁和歌山)ってどんな人?

強打者揃いのチームメイトからも一目置かれている林晃汰(ハヤシ コウタ)選手。

まずはプロフィールを見ていきたいと思います!

林晃汰プロフィール

生年月日:2000年11月16日生まれ。
身長:181㎝
体重:87㎏
血液型:O
投打:右投左打
ポジション:サード

高校野球のバッターでは大阪桐蔭の根尾選手や藤原選手がよく注目されますが、林選手も負けてはいません!!

恵まれた体格を生かし、高校通算40本以上の本塁打を記録しており、智弁和歌山の歴代最強バッターとの声もあるんです。

「和歌山県岩出小学校」時代

野球を始めたのは小学1年の頃。『岩出ヤンキース』に所属し、捕手を務めていました。

小学6年生では『阪神タイガース・ジュニアチーム』にも在籍。

このチームは選考会(1次から3次まで!!)があるらしく、合格した林選手はやはり小学生時代から野球の才能があったのでしょう。

<スポンサーリンク>

 

「和歌山県岩出中学校」時代

中学では『紀州ボーイズ』に所属し、捕手を務めました。

紀州ボーイズに在籍中、中2・3年で全国大会に出場!

ちなみに中学時代なんと通算32本のホームランを打っています。

すごいバットコントロール!

高校生時代

高校は野球で有名な智弁和歌山高校へ。

小さい頃からずっとテレビで見たいたチームで、日ハムの西川選手に憧れていたそうです。

高校2年の甲子園期間中に右肘を疲労骨折して手術していますが、その後高校3年のセンバツで復帰!

今年は最後の甲子園!

完全復帰した林選手のホームランがもしかしたら見られるかもしれません。

チーム内の評判は?

智弁和歌山の野球部は、『上下関係がなくて下級生が何でも言えるチーム』と話す林選手。

そんな林選手、チームメイトからの評判はどうなのでしょうか??

切り替えがすごいっす。さっきまで笑ってたのに急に怖くなる。バッティングやる時は周りの音が聞こえなくなる。」

「練習中にあんまりちょけられない(ふざけられない)」

「ちょけたら(ふざけたら)急に怒られます」

林さんがピリついたら誰にも止められない。平田さんと本多さん以外には(笑)」

「顔がちょっとイカつめで、体も大きいから、一見格闘系とか好きそうやけど、実は恋愛チックなドラマが好き。あとディズニーマニア!」

林さんはチームで一番すごいのに、一番努力する。みんなが帰った後も1人でトレーニングやってたり。

努力している姿は後輩部員もしっかり見ているようですね!

恋愛ドラマが好きでディズニーマニアという一面も♪

インタビューで、『1日誰かと入れ替わるとしたら?』という質問に、「普通の高校生になって、ディズニーランドに行きたい」と言っていたので、ディズニー好きは確かなようです(*^_^*)

 

林晃汰(智弁和歌山)ってどんな人?チーム内の評判は?

いかがでしたか?

智弁和歌山は、エースの平田選手が注目されますが、今年の甲子園はぜひ林選手のバッティングに注目してみてください!

181㎝のフルスイングはすごいですよ♪

林選手、頑張ってください(*^_^*)

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

<スポンサーリンク>

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ふわもこ雑記帳 , 2018 All Rights Reserved.