2018/12/18

太陽の塔の見学所要時間は?ロッカーの有無とエレベーターの予約方法

 

この記事を書いている人 - WRITER -

<スポンサーリンク>

 

 

大阪にある巨大な建築物太陽の塔は皆さんご存じでしょうか?

大阪万博で建設されたこの太陽の塔の内部が48年振りに公開され話題となっています。

今回は、

・『太陽の塔』内部公開・見学の概要

・『太陽の塔』の見学所要時間

・『太陽の塔』見学時に使えるロッカーの有無

・『太陽の塔』内部のエレベーターは予約が必要?予約方法は?

以上の内容でまとめています。

これから内部見学に行ってみようと思っている方の参考になれば幸いです(^^)

 

『太陽の塔』内部公開・見学の概要

1970年に大阪で開催された日本万国博覧会(大阪万博)で、「人類の進歩と調和」を色濃く表現したテーマ館の一部として作られた巨大建築物が『太陽の塔』です。

過去には『太陽の塔』の内部が公開されたこともありましたが、抽選で選ばれた人のみという限定のもの。

その後は耐震問題などからずっと非公開となっていましたが、今年3月にようやく一般の人への内部公開がスタートしました。

期間限定かと思ったのですが、調べても期限は書いていなかったので、今のところはずっと公開されるみたいです。

2025年に大阪万博が決定しているので、それまでは続くのかな?

こちらは新しい情報が分かり次第、追記していきたいと思います。

<スポンサーリンク>

 

 

『太陽の塔』営業時間

午前10時から午後5時まで(入館は午後4時半まで)

 

『太陽の塔』内部見学の予約方法

1日に入館できる人数が限られているため、内部見学は完全予約制となっています。

【個人の予約】

・『太陽の塔入館予約サイト』から予約

・予約手続日の4か月先まで予約可能

・1回の申込みにつき、最大6名まで予約可能

【団体予約】

・『太陽の塔入館予約サイト』から予約

・予約手続日の4か月先まで予約可能

・対象となるのは、20人以上で申込みする場合

 

『太陽の塔』内部見学の料金

見学には、入館料の他に万博記念公園への入園料がかかります

未就学児は個人も団体も無料です。

【個人の場合】

大人・・・入館料700円+記念公園入園料250円=950円

子供・・・入館料300円+記念公園入園料70円=370円

【団体20~199人の場合】

大人・・・入館料560円+記念公園入園料250円=810円

子供・・・入館料250円+記念公園入園料70円=320円

【団体200人以上の場合】

大人・・・入館料490円+記念公園入園料250円=740円

子供・・・入館料210円+記念公園入園料70円=280円

【学校団体20人以上の場合】

大人・・・入館料300円+記念公園入園料250円=550円

子供・・・入館料180円+記念公園入園料70円=250円

 

お得な年間パスポートも!

万博記念公園には年間パスポートの『万博オールパスポート(3,080円)』というものがあり、今回の入館料が割引きされます。

所有者本人のみ割引適用ですが、大人560円・子供250円と少しだけお得になります♪

 

『太陽の塔』の見学所要時間


内部見学の所要時間は全6フロア合わせて約30分ほど
です。

各フロアに案内人がおり、係の誘導で次の見学フロアへ移動するようになります。移動時間を入れないと、各フロアの見学は3~4分ぐらいですかね。

 

ちなみに見学当日は、『太陽の塔』の地下にあるエントランスホールに予約開始の20分前までに来なくてはいけません!!

人数制限があるので、遅れると入館できない可能性大です!

 

『太陽の塔』見学時に使えるロッカーの有無

ロッカーは『万博記念公園』の敷地に入ってすぐにあります。

小・中・大型と3つの大きさのコインロッカーがありますが、数に限りがあるのでなるべく手荷物は少なくして来た方がよさそうですね。

ちなみに小・中型は200円、大型は300円だそうです。

万博記念公園駅』の構内にもロッカーがあるので、公共交通機関で来る場合はこちらがオススメです。

 

『太陽の塔』内部のエレベーターは予約が必要?予約方法は?

『太陽の塔』の見学できるフロアは地下1階から6階までの6フロア

一度に入れる人数が限られており、16人ほどが1つのグループとなり案内係と共に各フロアを見学していきます。

『太陽の塔』が万博で公開されていた頃はエスカレーターとエレベーターが稼働していましたが、今はエレベーターのみ稼働しており、基本的な移動手段は階段のみとなっています。(全145段!)

車イスの方や4歳以下の子供、歩行困難な方や体力に自信のない方はエレベーターを利用できますが、各予約枠で利用できる人数が限られており、事前に予約が必要となります。

 

ちなみに、危険防止のため、4歳以下の子供を抱きかかえての階段移動は禁止されているのでエレベーターでの移動となります。

エレベーター使用の予約方法

公式サイトから入館の予約をすると、必要項目の中に車イス使用や乳幼児の人数を打ち込む項目がありますが、エレベーター使用希望の場合は予約が取れているか確認の電話をオススメします。

エレベーター移動は見れるフロアが限られる!?

『太陽の塔』内に設置されているエレベーターですが、エレベーター移動の場合、1階・中層階・最上階フロアからの鑑賞のみとなります。

階段を使った場合は、塔の中にそびえ立つ巨大樹の周りをグルっと周りながら移動。

緩やかな階段になってはいますが、移動距離が長いので4歳以上でも小さいお子さん連れの場合はエレベーターを利用した方がいいかもしれないですね。

 

こちらの記事もオススメです。

去年以上にお得!!中身をチェックするならコチラ
⇒『コメダ福袋(2018~2019)の販売店舗と予約方法!チケットの有効期限は?

大人気のタリーズ福袋! 予約方法はコチラから!
⇒『タリーズ福袋(2018~2019)は予約なしで買える?売り切れ予想も!

年末のコストコは混雑必至! 混雑予想をチェックしてお出かけ計画を♪
⇒『コストコの福袋(2018~2019)の発売日はいつ?初売り日程と混雑予想も!

やっぱり一番面白いのはシリーズ一作目??
⇒『ホームアローン(映画)は何作ある?時系列と面白い順ランキングも!

年俸・契約金1位の高校生ドラフト生はやっぱりあの人!
⇒『【ドラフト2018】契約金・年俸ランキング!プロ球団評価は?


ぜひ、合わせてご覧ください♪

 

太陽の塔の見学所要時間は?ロッカーの有無とエレベーターの予約方法 まとめ

いかがでしたか??

『太陽の塔』の見学所要時間は30分ロッカーは万博記念公園の改札を入った所に、そしてエレベーター利用の予約は入館予約の時一緒に、となっていました。

『太陽の塔』の内部ってものすごく幻想的な作りになっていたんですね(*^_^*)

期間限定の公開ではないので、いつの日か見学に行ってみたいなぁ♪

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

<スポンサーリンク>

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ふわもこ雑記帳 , 2018 All Rights Reserved.