2018/05/24

『22年目の告白』帝談社の女性編集者役は誰?事件解決後どうなった?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは、MOCOです。

 

藤原竜也さんと伊藤英明さんのW主演映画『22年目の告白』をDVDでみましたが、

え、何コレ、めちゃくちゃ面白いッッ!!!!

ってなりました。

あぁ、なんで映画館で見なかったんだろうか・・・。

 

さて、今回は連続殺人犯の曾根崎の告白本出版に関わる女性編集者は誰が演じているのかを調べていきたいと思います。

出演シーンは少ないですが、かなりの存在感です!

曾根崎や牧村と関わり「告白本」に魅了されていた女性編集者は真犯人逮捕後どうなるのかについても調べてみました。

<スポンサーリンク>

 

 

映画『22年目の告白』が面白い!

韓国映画をリメイク

2017年に日本で公開された『22年目の告白』ですが、韓国映画をリメイクしたスリラー映画になります。

韓国版は2012年に公開された『殺人の告白』です。

 

あらすじ

かつて5人の命が奪われ、未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件。
その犯人が、事件から22年後、突然みずから名乗り出た。
会見場に現れたのは、自身の告白本を手に、不敵な笑みを浮かべる曾根崎雅人という男だった。
顔をさらし、肉声で殺人を告白する曾根崎の登場にネットは熱狂!
賛否両論をまき散らしながら本はベストセラーに。それだけでは終わらない。
マスコミを連れての被害者遺族への謝罪、刑事への挑発、そして、サイン会まで。
そのすべてがあらゆるメディアを通じて発信され、SNSで拡散されていく。
それは、日本中を巻き込んだ新たな事件(ルビ:ゲーム)の始まりだった……。

(公式サイトより)

あの人が実は・・・

あのシーンて、こういう事だったのか・・・

映画中盤からのどんでん返しにシビれます!

<スポンサーリンク>

 

 

帝談社の女性編集者「川北未南子」を演じたのは誰?

告白本の出版を担当した女性記者を演じたのは松本まりかさん。

「絶対に売ってくださいね」と背後から曾根崎に首を絞められるシーンがかなり印象に残ります。

松本まりかプロフィール

生年月日:1984年9月12日

職業:女優、ナレーター、声優

【出演作品】

・タイガー&ドラゴン(2005年)/寿子 役

・ホタルノヒカリ(2007年)/室田鈴子 役

・ゲゲゲの女房(2010年) / 節子 役

・奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年公開)

 

ナレーターや声優としても活躍しており、『FINAL FANTASY X』のリュックの声を担当しています。

ファイナルファンタジー好きの人は、「あーあの声の人!」となりそうですね。

事件解決後、川北はどうなった?(ネタバレあり)

連続殺人の犯人が書いた告白本は、女性編集者・川北の働きもあり大ベストセラーになりました。

しかし映画後半で、告白本を書いた曾根崎が犯人ではなかったと判明します。

しかも本を書いたのは刑事の牧村だったという事実まで。

曾根崎や告白本に魅了されていた川北はそんな事実が分かり、真犯人が逮捕された後はどうなったのでしょうか?

実は、告白本を書いた牧村の小説家としての才能を買い、牧村に小説を書くことを勧めます

結果、刑事を辞めた牧村は小説家に転身し、事件から1年後、小説家としてデビューするのでした。

川北の予想通り、出版されたファンタジー小説は大ヒットを記録します。

 

ちなみに日本版映画の原作では、その後牧村のサイン会が開かれ、海外に旅立った曾根崎(巧巳)が会場に現れます。

実はこの日は殺された牧村の妹・里香の命日だったのです・・・。

 

『22年目の告白』帝談社の女性編集者役は誰?事件解決後どうなった?まとめ

いかがでしたか?

告白本の出版を担当した女性編集者が『松本まりか』さんと分かってスッキリしました♪

映画ではあまり登場シーンがないですが、日本版映画の原作では川北の視点で物語が語られる場面も多く、映画を見た後読むとまた楽しいですよ♪

<スポンサーリンク>

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ふわもこ雑記帳 , 2018 All Rights Reserved.