ふわもこ雑記帳 
映画

『ナイトミュージアム』は何作ある?見る順番と面白い順ランキングも!

<スポンサーリンク>





 




 

第1作目が2007年に日本で公開された映画『ナイトミュージアム』。

夜になると展示物が動き出す不思議な博物館が舞台のファンタジー・コメディ映画で、日本でもヒットしましたよね♪

 

そんな『ナイトミュージアム』ですが、何作あるかご存じですか??

 

今回は、

・『ナイトミュージアム』シリーズは何作ある?

・『ナイトミュージアム』シリーズの時系列と繋がりは?見る順番はコレ!

・『ナイトミュージアム』シリーズのあらすじを解説!

・『ナイトミュージアム』シリーズの面白い順ランキング

・『ナイトミュージアム』シリーズの続編はある?公開はいつ?

以上の内容でまとめています。

 

[aside type=”boader”]コチラの映画の記事もオススメです。

⇒『ホームアローン(映画)は何作ある?時系列と面白い順ランキングも!

⇒『ハリーポッターシリーズ(映画)の見る順番はコレ!時系列とあらすじ

⇒『『プレデター』シリーズは面白い?見る順番や時系列・あらすじは?

⇒『『ジュラシックパーク』シリーズ見る順番は?時系列とあらすじ・見所も

[/aside]

 

ぜひ、最後までご覧ください(^^)

 

『ナイトミュージアム』シリーズは何作ある?

2007年に日本で第一作目が公開された後、2009年、2014年にも映画が公開されています。

[aside type=”boader”]
  1. 2007年公開『ナイトミュージアム』
  2. 2009年公開『ナイトミュージアム2』
  3. 2015年公開『ナイトミュージアム/エジプト王の秘宝』
[/aside]

以上の3作品になります。

 

ちなみに原作はミラン・トレンク著の『The Night at the Museum』で、1993年に発表された絵本です。

あらすじは「夜になると展示物が動き出す不思議な博物館を舞台にした、警備員の活躍」ですが、細かい内容は異なります。

映画では夜間の警備員はラリー1人だけですが、絵本では何人かの警備員が登場します。

映画を見た後に絵本を見ると、新しい発見があったりで楽しめそうです(*^_^*)

<スポンサーリンク>





 




 

『ナイトミュージアム』シリーズの時系列と繋がりは?見る順番はコレ!

『ナイトミュージアム』シリーズ全3作はすべて話が繋がっています

前作を見なくても十分楽しめますが、シリーズを通して主人公ラリーの息子ニックがどんどん成長する姿が見られるので、時間がある方はぜひ公開順に見ることをオススメします

3作目はシリーズのまとめのような話になるので、時間がないから3作目だけ見る!という人は、前作のあらすじだけサラッと読んでおくといいかもしれないです。

 

1作目ではギクシャクしていたラリーとニックが親子の信頼関係を取り戻し、2作目では再び親子で博物館の危機に立ち向かいます。

そして3作目では今まで父ラリーのサポート役となっていたニックが、一人前の男として戦う姿が描かれます。

1作目から順番に見ると、「あの小さなニックが立派になって・・・(T-T)」と感慨深くなりますよ。

 

『ナイトミュージアム』シリーズのあらすじを解説!

 

では、『ナイトミュージアム』シリーズ1~3作品までのあらすじをまとめていきたいと思います。

個人的な見どころも一緒にまとめたので、ぜひ観る際の参考にしてみてくださいね♪

 

①『ナイトミュージアム』(2007年公開)

シリーズ1作目に登場するのは、ニューヨークに実在するアメリカ自然史博物館

とても大きなミュージアムで、人気観光スポットにもなっています。『ナイトミュージアム』に登場したモアイ像や恐竜も展示されていますよ♪

あらすじ

主人公のラリーは何の仕事をしても長続きせず、失業中の身。

離婚した元妻と暮らす息子のニックから仕事を探すように諭されたラリーは職業斡旋所へ向かいます。そこで紹介されたのは、自然史博物館での夜の警備員の仕事でした。

新米夜警として働き始めたラリーは、いつの間にかティラノサウルスの骨格標本が台座から忽然と消えているのに気付きます。

なんと骨格標本はまるで生きているかのように博物館内を動き回っていたのです。

ティラノサウルスの他にも、像や動物の剥製、ミニチュア人形などの展示物も自由に動き回り言葉も話しているではありませんか!!

毎晩動き回る展示物を鎮めようとひとり奮闘するものの、翌朝には館内はグチャグチャに・・・。

 

ラリーは毎日のように所長に叱られており、ついには退職を勧告されますが、息子のためにも続けることを決意します。

その夜、展示物が動きだすことを見せようとニックを連れてきましたが、毎晩大騒ぎしている展示物たちがその夜は全く動きません。

力の源になっていた「アクメンラー王の石版」が紛失していたのが原因でした。

 

その後ラリーとニックは地下室で石版を発見し石版を作動させると、再び展示物達が動き始めます。

しかしラリー達の前に元老警備員が現れ、石版を奪われてしまいます。

ニックと共に古代エジプトのブースに閉じ込められたラリー。

その間に、混乱状態の館内からはいくつかの展示物が脱走してしまいます。

諦めかけたラリー達でしたが、棺から解放されたアクメンラーなどの助けもあり展示物総出で石板奪還作戦に挑みます。

苦戦の末、タイムリミットである夜明け直前に石板の奪還に成功!

脱走した展示物たちも、太陽の光を浴びて灰になってしまう前に博物館に戻すことができました。

 

騒動で館内はまたしてもグチャグチャの状態で朝を迎え、ラリーはついに正式に解雇を言い渡されてしまいます。

しかし夜に脱走した展示物たちがニュースで話題となり、博物館には来場者が殺到!

ラリーの処分は取り消されることになりました。

 

その後、暴れることもなくなった展示物たちは、夜な夜なダンスやサッカーなどに興じるようになり、その様子を夜警員のラリーは楽しげに見つめるのでした。

 

②『ナイトミュージアム2』(2009年公開)

前作から2年後のお話。舞台は世界最大の博物館、ワシントンのスミソニアン博物館に移ります。

主役のラリー役の ベン・スティラーと息子のニック役 ジェイク・チェリーは続投しています。

あらすじ

自然史博物館の騒動から2年後、ラリーは発明家となり自分の会社を立ち上げていました。

ある日、ラリーは館長から自然史博物館の展示物を一新するため、古い展示物はスミソニアン博物館の地下保管庫で保管されることになったと教えられます。

古い展示物が移動された翌日、ラリーの元へ、2年前の騒動で共に戦ったジェドから電話がかかっています。

 

運ばれてきた展示物の中に、残されるはずの「アクメンラー王の石版」が猿のデクスターのいたずらで持ち込まれ、スミソニアン博物館の展示物達が動き出して大騒動になっていたのでした。

しかも、スミソニアン博物館には自然史博物館のアクメンラー王の兄・カームンラーがおり、他の展示物を味方につけて世界征服を目論んで動き出した・・・と伝えたところで電話は切れてしまいます。

心配になったラリーはすぐさまスミソニアン博物館へと向かいます。

しかし石版の力を手にしたカームンラーによって地獄の門が開き、悪の軍団が復活してしまいます。

ラリーを殺そうとするカームンラー軍に立ち向かうべく、ラリーを慕う数多くの仲間が集結!

 

戦いのさなか、ラリーは隙を突いて石版の力を発動。

再び現れた地獄の門によってカームンラーは吸い込まれていき、戦いは幕を閉じるのでした。

 

騒動の2ヶ月後、ラリーは会社を売却し、そのお金を『現在の展示物達をそのままにしておくこと』という条件付きで寄贈しました。

そして博物館の仕事が好きだと気づいたラリーは自然史博物館の警備員に復帰します。

夜も博物館を開放し、動き回る展示物にガイドをさせるという新しい試みもスタート。

来館者はCGだと思っているものの、毎日多くの観光客が訪れ博物館は大盛況となり、ラリーもその様子を見守るのでした。

おすすめポイント

物語の中で3人の天使の像が登場するのですが、その歌声がめちゃくちゃキレイなんです!!

しょっとしか出演シーンがないですがインパクト大!

とある歌手の顔をモデルに天使の顔は作られたそうですよ♪

いったい誰なのか?

「ナイトミュージアム2」天使が歌っていた曲名と原曲は?歌手名は誰?

コチラの記事で詳しくまとめています(^^)

 

③『ナイトミュージアム/エジプト王の秘宝』(2015年公開)

ナイトミュージアムシリーズの最終章とされている『エジプト王の秘宝』は、展示物に命をふきこむ「アクメンラー王の石版」の秘密が明らかになります。

舞台のメインはイギリス大英博物館

主人公ラリーの息子は17歳になり、役者が ジェイク・チェリーにかわります。

あらすじ

アメリカの自然史博物館では、展示物に命を吹き込む「アクメンラー王の石版」に錆のような異常が発生していました。

その異常が原因で、博物館で新しく行うプラネタリウムのお披露目パーティーで展示物が暴走してしまいます。

石版の力が弱まっていることに気づいたラリーは、石版の秘密を知るアクメンラー王の父親が展示されているイギリス大英博物館へ息子のニックと向かいます。

石版と一緒に、前作まででおなじみの展示物達も乗り込みます!

大英博物館では石碑の力によって展示物達が動き出し、ラリー達は突如現れたトリケラトプスの骨格標本に襲われてしまいますが、間一髪のところでアーサー王の伝説の騎士・ランスロットに助けられます。

その後、無事にアクメンラー王の両親と再会したラリー達は、石版の力が弱っているのは「月の光を浴びなかったこと」が原因だと教えられます。

急いで月の光を当てようとしたラリーでしたが、石版を聖杯だと勘違いしたランスロットに奪われてしまいます。

ランスロットは街中まで逃げますが、石版の力は徐々に弱っていき、展示物達が次々と固まって倒れていきます。

ランスロットはこの時持ってた火で鼻が溶け、自分が蝋で作られていたのだと知るのでした。

次々倒れていく仲間に必死に声をかけるラリーを見たランスロットは、自分が間違っていたと謝罪し、石版をラリーに返します。

月の光を浴びた石版は力を取り戻し、倒れた展示物も再び息を吹き返します。

 

大英博物館に戻った一同は、再びアクメンラーの父と再会します。

ラリーと共に自然史博物館から来ていた展示物たちは、「石碑とアクメンラーは両親と共に大英博物館に残るべきだ」と言います。

しかし、石碑がなくなれば自然史博物館の展示物達は動かなくなってしまいます。

「そんなことはできない」というラリーでしたが展示物達の気持ちは変わらず、最後は石碑を残すことに同意するのでした。

展示物たちはラリーと思い出を語りあい、そして静かに固まっていくのでした・・・。

 

3年後、ラリーは夜警の仕事を辞め、教師になっていました。

自然史博物館ではイギリスの大英博物館展が開催されることになり、石版の秘密を知る大英博物館の警備員ティリーが館長に石版を預けます。

「館長なら秘密を守れると、ラリーから聞いています」

話を聞いても信じていなかった館長ですが、その夜動き出した展示物を目の当たりにします。

久しぶりに動けるようになった展示物たちは、パーティーを開いて館内は大盛り上がり。

博物館の外では、ラリーが微笑みながら中の様子を見ているのでした・・・。

 

『ナイトミュージアム』シリーズの面白い順ランキング

1~3作まで出ているナイトミュージアムシリーズですが、全て見ているので個人的に面白かった順にランキングをつけてみました(^o^)

観る際の参考にしていただけると幸いです♪

1位『ナイトミュージアム』

やはりシリーズものって、一番最初の作品が一番面白いんですよね(^^)

舞台も自然史博物館のみで、内容もシンプルだけどドキドキと笑いがギュッと凝縮されていて、最初から最後まで飽きません

歴史の知識も随所に散りばめられていて、見ていて勉強になります♪

 

2位『ナイトミュージアム/エジプト王の秘宝』

展示物に命を吹き込んでいた石版の秘密が明らかになる、シリーズ最終作。

ラストにはラリーと展示物たちの別れなども描かれる切ないシーンもあり、ちょっと感動してしまいます。

今作では小さかった息子のニックも17歳の大人になり、ラリーとの親子の衝突もありながら成長していく姿も描かれています。

3作目ともなると、若干飽きてしまうかな?と思いましたが、全然そんなことはなく!

出演者も戦うシーンも豪華になって、想像以上に楽しめますよ♪

3位『ナイトミュージアム2』

2作目となる『ナイトミュージアム2』も面白かったんです。

でも、やっぱり話の流れが同じなので、ちょっと中だるみ感はあったかなぁと言うことで、3位にしました。

ただ、『ナイトミュージアム2』ではスミソニアン博物館の入り口に鎮座する巨大リンカーン像も動いたり、ダースベーダーやセサミストリートのキャラクターまで登場し、クスっと笑える場面も多かったですね。

 

『ナイトミュージアム』シリーズの続編はある?公開はいつ?

『ナイトミュージアム』は3作目のエジプト王の秘宝が完結編とうたわれており、主演のベン・スティラーさんも「理由がなければ続編はない」と言っているので、やはり続編は制作されないと思われます。

 

シリーズ1作目から存在感を放っていたテディ役を演じていたロビン・ウィリアムスさんが、映画を撮影し終わった後に亡くなっており、もし『ナイトミュージアム4』が作られることになっても、キャストやストーリーは一新されそうです。

ラリーの息子ニックが大人になって、また動く展示物たちと再開・・・なんて話にならないかなぁ(^^)

 

ちなみに、「ナイトミュージアムのスピンオフが製作決定!」という公式ツイートが流れていましたが、どうやらエイプリルフールの記事だったみたいです(^^;)

うーん、残念!

 

『ナイトミュージアム』は何作ある?見る順番と面白い順ランキングも!

いかがでしたか?

・映画『ナイトミュージアム』シリーズは全部で3作

・見る順番は公開順がオススメ

という内容でした。

『ナイトミュージアム』は、登場キャラクターが全員個性豊かで縦横無尽に動き回っており、観るたびに「こんな展示物いたんだ!」など、色々な発見があるので何度観ても楽しめる作品です。

まだ観たことがない人は、ぜひこの週末『ナイトミュージアム』鑑賞をしてみてください♪

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

<スポンサーリンク>







%d人のブロガーが「いいね」をつけました。