「未来のミライ」原作は?舞台は磯子のどこ?試写会や前売り券情報も

 

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは、MOCOです。

 

『時をかける少女』や『サマーウォーズ』、『おおかみこどもの雨と雪』などの作品を手がけた細田守監督の最新作『未来のミライ』2018年7月20日(金)公開されることになりました!

 

今回は、『未来のミライ』の原作、映画の舞台は磯子のどこなのか、そして試写会や前売り券の最新情報をまとめていきたいと思います。

<スポンサーリンク>

 

 

『未来のミライ』原作は?

原作が存在するのか調べたところ、『未来のミライ』は細田監督オリジナルの脚本になるそうです。

『未来のミライ』は「子どもの目線から“人生”を見つめ直す作品」になってます。

【細田監督のコメント】

家一軒と庭ひとつ。
どこにでもある
たったひとつの家族を通して、
生命の大きな循環、
人の生が織り成す
巨大なループを描き出したい。
最小のモチーフを用いて、
最大のテーマを語り切りたい。
エンターテインメントの作法を用いて、
新しい家族のための、新しい表現を拓きたい。
一見穏やかに見えて、
実は、大いなる野心を秘めた作品なのです。

『未来のミライ』あらすじ

細田さんの作品は家族模様を描いているものが多いですが、今回の主役は4歳の男の子くんちゃん。

ある日未来から妹のミライちゃんがやってきて、2人で時をこえた家族の物語へと旅立ちます。

「家族」を巡る冒険でくんちゃんがみたものとは・・・。

そんな「兄妹」が主役のファンタジーです。

 

細田監督は、5歳の息子さんと2歳の娘さんを持つ2児のお父さん。

この作品は細田監督の家族が元になっているのかもしれないですね。

<スポンサーリンク>

 

 

『未来のミライ』舞台は磯子のどこ?

製作発表記者会見で、細田監督は「作品の舞台は横浜市海側の磯子区、金沢区あたりである」と細明かしています。

磯子区と金沢区以外の詳しい場所は発表されていませんが、予告ムービーを見ると、電車駅の構内が描かれています。

この2つはモデルとなった場所があるかもしれません。

分かり次第追記していきたいと思います。

『未来のミライ』試写会はどこ?応募方法は?

『未来のミライ』試写会は?

2018年7月公開の『未来のミライ』ですが、試写会はあるのでしょうか?

残念ながら現時点では試写会の情報は公開されていません

声優や主題歌が発表されたばかりなので、試写会情報はこれからのようですね。

『未来のミライ』試写会の応募方法は?

まだ試写会情報が公開されていないので、今回は応募方法を予想していきたいと思います。

・『未来のミライ』公式サイトから

・『映画館』公式サイトから

のどちらかになるのではないでしょうか。

競争率も高くなりそうなので、ぜひどちらの公式サイトも普段からチェックしてみてください!

『未来のミライ』前売り券情報

4/13 (金)より、ポストカードセット付き前売券発売されます!!

細田守監督作品ポスター復刻版のポストカードで1セット5枚入り。

前売券1枚ご購入につき1つプレゼントです。

全国合計5万名のみ!! 

すぐなくなりそうなので、これは急いだ方がいいですね!

前売り券販売の映画館情報は、『未来のミライ』公式サイトで確認できます♪

「未来のミライ」原作は?舞台は磯子のどこ?試写会や前売り券情報 まとめ

いかがでしたか?

家族・兄妹が題材の『未来のミライ』。

公開がちょうど夏休み中になるので、家族で観に行くのもいいですね♪

まだまだ映像などの情報が少ないので、これからの発表が楽しみです。

<スポンサーリンク>

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ふわもこ雑記帳 , 2018 All Rights Reserved.