2018/10/04

朝ドラ『半分、青い』秋風先生のセリフがアツい!名言をまとめてみた

 

この記事を書いている人 - WRITER -

みなさん、朝ドラ『半分、青い』は見ていますか??

鈴愛や律、清の恋愛模様に毎日ドキドキしながら見ているMOCOです。失恋の回が見ていて切なかった・・・。

そんな『半分、青い』ですが、ひとつ気づいたことが。

 

豊川悦治さんが演じる漫画家『秋風羽織』のセリフって、かなり心に響く!!って事!

 

さすが北川悦吏子の脚本だなー。ほんと、素敵な言葉が多いです。

 

今回は、そんな秋風先生の名言を集めてまとめてみました!

ドラマのシーンと共に、ご覧ください♪

(ユーコの結婚報告以降の名言も追記しました。)

 

こんにちは、MOCOです。

『ふわもこ雑記帳』にお越しいただきありがとうございました。

ぜひ、最後まで楽しんでいってください!

<スポンサーリンク>

 

朝ドラ『半分、青い』秋風先生って??

主人公の鈴愛に影響を与える、売れっ子少女漫画家の秋風羽織(あきかぜはおり)

 

作風やペンネームから、女性なのかと思いきや、50歳過ぎのオジサン

本名は美濃権太!!

すごいギャップ・・・

 

気むずかしく編集者泣かせで、社会性がほぼないに等しいというやっかいな人物。

しかし漫画に対しては一切の妥協を許さない「職人気質」で、弟子思いという一面もあります。

 

そんな偏屈者の秋風を、豊川悦治さんが演じています。

『とってもとってもとっても難しいキャラクターをいただきました。ビターアンドスィート、オールドベイビーな秋風羽織に少しだけ、ご期待くださいませ』

とコメント。

 

ドラマのラストまで、職人気質で偏屈者のまま突っ走るのか、はたまた鈴愛達とのふれあいで変わっていくのか、秋風羽織の今後が楽しみです♪

<スポンサーリンク>

 

 

名言連発!秋風のセリフがアツい!!

そんな偏屈者な鈴愛の師匠『秋風』ですが、秋風塾でアシスタントに指導し始めてから名言がどんどん飛び出してきます!

その名言の数々が「グッときた!」とファンの間で話題になっています。

『回り道は実りある時間』(5月23日 第45回)

律(佐藤健)と正人(中村倫也)をモデルに、鈴愛達アシスタントに10時間ぶっ通しのデッサンをさせるという回。

こーんなポーズも要求する秋風先生。今回も変態感満載ですが、後半で律にアツく語っています。

モデルを終えた律は、夢に向かって努力する鈴愛を見て「不安になりました。僕の“今”は何のための時間なんだろうと秋風に言います。

 

そんな律に秋風は「いや、そういう時間もいいんじゃないですか。私もここに来るまで回り道をしました。」と、美大を挫折しセールスマンになった過去、そして30歳を前に漫画家になろうと決意したと自身の遅咲きの過去を明かしました。

「一見、余計なことする時間も、回り道も、あっていいと思いますいろんなことがあって、すべてが“今”につながっていく

 

「あなたのように感じたり考えたりして生きていくなら、それは実りのある時間だと、私なんかは思います」

 

じっくり考えて動くことも無駄な時間ではないと背中を押してくれた秋風先生。

心打たれた視聴者の声がSNSでも飛び交っています。

『回り道も実りの時間』かー。

沁みる。。。

『半端に生きるな。創造物は人が試される』(5月30日第51回)

正人の事で頭がいっぱいの鈴愛は作業中にミスをしてしまいます。そんな鈴愛に秋風先生は恋をしろと言います。

アルを拾うんだ。想像は負ける。空想の中で生きてるやつは弱いんだ。心を動かされることから逃げるな。いいか、中途半端に生きるな

 

創造物は人が試される。その人がどれだけ痛みと向き合ったか、憎しみと向き合ったか、喜びを喜びとして向き合ったか。逃げるな』

 

ネットでも、「秋風先生の名言、耳がイタイ」との声があがっていました。

“タラレバ”じゃダメなんですよね。

『物語には人を癒やす力がある』(6月12日第62回)

律(佐藤健)に別れを告げられ、傷心中の鈴愛に漫画を書くことが自分自身を救ってくれると力説します。

「楡野、描け。泣いてないで、いや、泣いてもいいから描け。マンガにしてみろ。物語にしてみろ。楽になる。救われるぞ。」

創作は、物語を作ることは、自身を救うんだ。私はそう信じている。物語には人を癒やす力があるんだ

 

「美しい物語に昇華した時に、そして、多くの読者が喜んでくれた時に、君のその心も癒やされるんだ

 

秋風先生、「もったいないからしゃべるな!漫画にするんだ!」と鈴愛の口を鷲づかみ。

今回は今まで以上に力のこもった秋風先生の言葉でした。

皆さん「神回」だと絶賛!

『ここからお嫁に行けばいい』(6月21日第70回)

漫画家を辞め、結婚することを秋風先生に報告したユーコに対して、秋風先生は優しく語りかけます。

「一度、連れておいで。お相手を。18から24まで、ここに住んだんだ。小宮(ユーコの名字)さえよければ、ここから送らせてほしい。ここからお嫁に行けばいい

 

『ボンボヤージュ、よい旅を!』(7月17日第92回)

遂に愛弟子の鈴愛が結婚することに!

鈴愛に送られたビデオレターには、漫画家時代に関わった人達からのメッセージがありました。

そこにはもちろん秋風先生からのメッセージも。

「楡野、おめでとう。人生もまた、物語だ。

今日から君は、毎日毎日少しずつペンを入れて、森山鈴愛という物語を書き続けることになる。

この物語に締切はない。一コマ一コマ丁寧に、大切に、描きなさい。

私は嬉しい。今日、久しぶりに仙吉さんとお酒を飲んだ。私は二次会で長渕剛の乾杯を歌うことにする。よかったら聴いてくれ。

ボンボヤージュ。良い旅を!」

ビデオメッセージでの登場でしたが、秋風ファンにはたまらない放送回になったのではないでしょうか。

ほぼ豊川悦治さんのアドリブというんだから、凄すぎです。

『秋風先生からの手紙』(9月28日第155回)

鈴愛が仙台へと向う中、スパロウリズムに律と鈴愛宛てに速達が届きます。

差出人は秋風先生。

今回は全文紹介したいと思います。

『スズメ 律くん 元気だろうか?

短い手紙を書きます。

人生は希望と絶望の繰り返しです。

私なんか、そんなひどい人生でも、大した人生でもないのにそう思います。

でも、人には想像力があります

夢見る力があります

生きる力があります

明日を、これからを

どんなにひどい今日からだって夢見ることはできます。

希望を持つのはその人の自由です。

もうダメだと思うか

いや、行ける 

次はきっと明るいと思うかはその人次第です。

律くんとスズメには、その強さがあると信じています。』

声だけの出演となりましたが、最後に動く秋風先生が見たかったという声がかなり多かったようです。

 

「朝ドラ『半分、青い』秋風先生のセリフがアツい!名言をまとめてみた」まとめ

いかがでしたか?

今後、主人公・鈴愛の成長と共に、どんな秋風先生の名言が聞けるのかとっても楽しみです!

まだ『半分、青い』を見ていない人も途中からでも十分楽しめると思うので、ぜひ朝8時からご覧ください。

その時は秋風先生に注目♪

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

<スポンサーリンク>

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ふわもこ雑記帳 , 2018 All Rights Reserved.